03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: 映画

感想『BLOOD-C The Last Dark』 


『BLOOD-C The Last Dark』観てきましたー。<挨拶
いやは、正直なトコロ期待はしていなかったのですが、かなり面白かったですわ。
120704 BLOOD-C
TV版と違い、スタンディングオベーションしたくなるくらいに綺麗にまとまった茶番劇でした!
あまりにも滑稽でバカバカしくて愚かしくて、そして何より純粋で!
これは、この湧き上がる感情。これこそが『愉悦』と呼べるものか!
たまらんな!ははははははっははっは!!!!
ああもう終盤の展開から、そして帰路についている最中俺の頬肉は緩みっぷりでしたわ!w
たまらん、たまらんなぁ!(暗黒微笑)


…この一ヶ月で、作品の見方が少しばかり変わった気がするわ俺。
原因は間違いなく『Fate/Zero』だな。
元々キャラに恋をせず、作品を、その展開の魅せ方を愛するタイプの視聴者だったのもあって、傍観者になるのが好きらしい俺。
そして主人公らが酷い目に合っているのを『滑稽』と楽しめるようになってしまったらしいギルガメッシュと言峰綺礼のせいでw
故に、この『BLOOD-C The Last Dark』をこうも楽しめてしまったんだと思う。
(核心に近いので反転)文人の純粋な探究心の先にあった、<古きもの>や小夜に対する愛情にも似た感情に振り回されただけだった小夜の青春は正に茶番!
そして劇場版で小夜の協力者となった蔵人らサーラットだが、蔵人が文人の関係者でもあり、また文人持つの財力・組織力・政界への影響力を考えれば、文人がサーラットのアジトに仕掛けて来ないのはあまりにも不自然。
サーラット側が文人の拠点を突き止めたことは事実だが、そこに小夜が向かうことで彼女への食材にされる事など予想だにしていなかった蔵人も誘い込んだんだろう。なんという茶番!滑稽すぎる!w

すごいな。浮島という舞台を用意できる力もそうだが、<古きもの>というおぞましい力があれば、この『BLOOD-C』という物語で畳むことの出来ない風呂敷にするのは容易だったろうに。
あえてそれをせず、茶番劇を茶番劇として纏めるとは、ね。

正直な話、この茶番っぷりにスタンディングオベーションしたい衝動そのままに動かなかった事に後悔してるわ…。
新潟ではよくあることだが、劇場に俺以外の客居なかったんだから、貸切状態だったんだからやればよかった_(:3 」∠)_

「TV版よりはグロくなかった」という感想は事前に目にしていたけれども、それでも夜に独りで観るのはそれなりに怖かったわけでw
ただ『BLOOD-C The Last Dark』本編開始前にやってた実写版『Another』の予告編の方が怖かったわけで。
あれだろー?あの首から上が取れ落ちたのってきっとピアノ線とかワイヤー系の仕業だろー?
取れる瞬間は木の影になってたけど、木と木の間に張ったワイヤーとか思いっきり俺のトラウマ刺激するから駄目なんだよ。『銀狼怪奇ファイル』連想するんだよ!w
ただ『銀狼怪奇ファイル』はバイクで突っ込んで首が取れたけど、『Another』のは人が走っていったそれだけで頭が取れていったな。
その速度でも突っ込んでもどの道助からないだろうが、首が飛ぶとかどんなトリックだったんだろう?というのが気になるというかそういうことを考えてしまうから俺は夜にトイレにいけなくなる(←この人、三十路です。)

他にも細かい感想などなど
・劇場版の主人公の一人であった柊なんだけど、なんで素人が声の演技するとどれも同じような棒演技っぽさが出るんだろう?w
・四月一日出てきたけど、前例が思い浮かばない福山潤の声で新鮮だったわ。
 普段の少年役やる時の高さじゃないし、当然パンダくんの様な明るい高さでもなく、ルルーシュの様な威圧感のある低さでもなく。
 というか、俺が『xxxHOLiC』観ていた時の四月一日とは違う、まるで侑子さんの様な四月一日だった。ミセの店主になったからだろうか?
 そしてそのミセの中に『BLOOD+』でよく似たものを見た気がする溝のある刀があるのは面白いリンクだったかとw
 俺は『BLOOD+』も『xxxHOLiC』も途中で観るのやめちゃったから最期どうなったのか知らないんだよなぁ_(:3 」∠)_
 『xxxHOLiC』なんて原作購読してたけど、俺には理解でき無すぎて終盤までいったのに読むのやめちゃったし。
 『BLOOD-C The Last Dark』のせいで『BLOOD+』『xxxHOLiC』が気になってしまったわ。





さておき、去年はびっくりするくらい見たくなる映画が無かったのに、今年は見たい映画が多すぎる_(:3 」∠)_
つらつらと書きだしてみますと↓

【7/14】[アニメ] ポケットモンスターBW キュレムvs聖剣士ケルディオ
【7/14】[アニメ] 魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's
 今の自分の興味がポケモン>なのはなので、劇場に足を運ぶ順もこれかと。
 多分、同日には見ないw

【7/21】[アニメ] おおかみこどもの雨と雪
 実は『サマーウォーズ』を見逃してしまっているので、こちらは劇場でみておきたい_(:3 」∠)_
【8/10】[洋画] トータル・リコール
 90年にシュワちゃんが主演をやった名作『トータル・リコール』のリメイクらしいんだが、前作と比べるたいという感情以上に予告編が面白そうだったw
【8/17】[洋画] アベンジャーズ
【8/24】[洋画] プロメテウス
【9/22】[アニメ] TIGER & BUNNY -The Beginning-
【10/6】[アニメ] 魔法少女まどか☆マギカ 前編
【10/13】[アニメ] 魔法少女まどか☆マギカ 後編
【10/27】[アニメ] スマイルプリキュア 絵本の中はみんなチグハグ!
【11/17】[アニメ] エヴァンゲリオン新劇場版:Q


俺の記憶している限りでは…多分こんなもん?
去年は予告編でも面白そうに感じれなかった作品ばかりだったのに!なんだよ今年は!w

とりあえずこれまでやっていたアニメ映画点数表は↓
神作(~95点)→ なのは1st≧ハガレン≧イツワリ>ゼクロム
絶賛(~90点)→ >攻殻SSS≧ファフナー>忍たま≧ハトプリ>
良作(~80点)→ >サヨナラ≧プリキュアNS>プリキュアDX3
及第(~40点)→ >ハヤテ>>>コクリコ坂>00
赤点(40点↓)→ >>アリエッティ>ネギま!

リセットします。

そんで今回見た『BLOOD-C The Last Dark』を基準にして考えようかねw
神作(~95点)→ 
絶賛(~90点)→ BLOOD-C
良作(~80点)→ 
及第(~40点)→ 
赤点(40点↓)→
 
これまで90点以上だった作品と違って泣くことはなかったけど、愉悦により歓喜に打ち震えてたよ俺はw

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/976-59507c71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【感想『BLOOD-C The Last Dark』】

『BLOOD-C The Last Dark』観てきましたー。<挨拶いやは、正直なトコロ期待はしていなかったのですが、かなり面白かったですわ。TV版と違い、スタンディングオベーションしたくなるくらい

まとめwoネタ速neo【2012/07/06 03:58】

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。