07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

感想『ONE PIECE 66巻』 

 
先日行った専門時代の友人との居酒屋トークの一部。
友人A「この子ね、相変わらず味覚が赤ちゃんなの。(俺を指しながら)
 コーラを飲ますと『苦い』って言うの。
友人B「えっ!?じゃあ、オランジーナは?」
俺「苦い。ファンタオレンジよりも味がしない。
友人A・B「「うわぁ………。(とても可哀想なものを見る時の眼)」」


えっ!?俺の味覚やっぱりちょっとおかしいんです!?<挨拶

あとこの表が何を指しているのか分からないw
120515 炭酸
俺の感覚と遠すぎるw





◎ONE PIECE 66巻
120515 ONE PIECE66巻
読破所要時間45分。
片付けることをあっさり片付けて、以降の展開への伏線を張りまくるのが内容の大半だった為、最近の巻の中では読み易かった方だと思う。
他の巻とかは初回読むのに1時間超えるの当たり前なのにw
むしろこの内容で1時間超えなかった事にびっくりだわw

ルフィに魚人の血が輸血された事で、ONE PIECE内の世界史でも人間と魚人の間に存在していた壁が一つなくなり、またその事で50巻以上前のコミックスから続く麦わらの一味と魚人との因縁も消え、俺の中ではようやく“東の海”編が終りを迎えてくれた感。

この巻の中で一番の名シーンは、やはりココだろうか。
120515 ゆびきり
しらほし姫はその巨大さ故に、ゆびきりげんまんで自分の指に相手の指を絡めることなど想像も出来なかったのだろう。
しかしルフィはゴムゴムの実の能力者故、指を伸ばしてしらほしの指に自分の指を巻きつけることが出来た。それもアタリマエのことにように。
しらほし姫にとって、このゆびきりは“約束”の内容以上に嬉しかった事に違いないと思う。
本誌掲載時にもちょこっと語っりましたけど、悪魔の実という特殊能力を戦闘以外のシーンでコミュニケーションの一手段として何気なく使えているのを見ると、ONE PIECEは戦闘マンガなのではなく、旅先での出会いを大切にしている冒険マンガなのだと思い知りますわ。

まぁ俺の感想はさておいても、作者の尾田氏もこのゆびきりのシーンが大切だと思ったからこそ、今回の表紙は指切りをした小指を眺めているしらほしがメインになっているんだと、俺はそう思うのです。





>発売延期してから情報の無かったPS3『第2次スーパーロボット大戦OG』についてブログで謝罪「引き続き鋭意開発中です」

あのPV公開って、
とても発売できる状況じゃないスパロボ新作だったのに、当時PS3に何もキラータイトルネタがなかったから、ソフトの話題の空白期を作らせたくなかったからソニーがバンナム脅して作らせた映像作品だった。
っていう俺なりの仮説がず~っと俺の中に存在し続けてるんだけどw

まぁ、スパロボ最新作が発売された一ヶ月後くらいに次のスパロボ情報が出だすのがスパロボスケジュールの常なんで、第二次Z再世篇発売されて一ヶ月経ったんだしそろそろ何か新作情報が出てもおかしくないだろうと思っている今日この頃でございます。

うん、スパロボが出るなら俺も観念してPS3買わなきゃダメだわー。
スパロボの為にPS3買わなきゃだわー(棒)



◯「TAP/TAS」Eternal Fighter Zero 神奈

「EFZって、コンボ開発能力の高い人間がプレイするとこんなにも違うゲームになるんだなぁ…。
と、当時ここまでのコンボゲーだと思わずにプレイしていた身ですが、
「世紀末ゲーだった事を知らなかった俺らは、実は幸せだったんじゃないか?」
と最近は思うようになってきたw

1コンで相手の体力3~5割程度減らして十分と楽しんでいた頃が懐かしいw
ただそんな時分でも、長門が強キャラだということは理解できていたし、神奈に至っては「自分の理解を超えた強さを持ってる」と十分に恐れていたけどねw

この動画の神奈は理解を超えているというか、まぁこうなるだろうなとういう域を経て、「ユクゾッ」「ユクゾッ」という掛け声が別の世紀末ゲーで核の灰を浴びた病人に思えてきたよ!
性能はぜんぜん違うというのに!w





>ROMってろっていうかもう回線切って首吊って氏ねって言いたくなるような奴ら多くて嫌

まぁ、定期的にその感情で溢れる時もあるわ俺もw

最近、ネットをやっていて不快に感じる事は、間違いに気づいてないで拡散している輩が増えたこともそうだし、そうなったのは誤情報を発信していても責任を感じなくて良い場が増えてる事にイライラしてしまいます。
具体例を上げると、
ニコ動で間違いをそれと気づかずコメントしてる輩が嫌。

「このキャラの声って○○って声優だ!」   ←全然違う人。
「このキャラって○○って設定だからな!」  ←捏造すんなks。
こういうの見かけるとマジで公式かwikiで調べてから書き込め。辞書ひくことを覚えなかったのかksが。
もしくは、そもそも書き込もうと思うな。ROMってろ。って日々イラッとしてますw

いいご身分だよなぁ、ご情報をそれと気づかずに無責任に発信している輩は。
blogやらtwitterやら、当人のIDが晒されている場なら直接返信して間違いを正させるようなコメントを返すことも可能なのですが、ニコ生ならまだしもニコ動でコメントに対するレスって付けれないじゃないですか。
「↑~」「←~」みたいに、第三者にはそのコメントが誤りであることを示す事を書き加えれる事はできても、誤った事を発言している当人に対しては、当人がその動画を見返さないと気が付かないワケだし。
またそのコメントも、当人が見返すまでに残っているとも限らなければ、そもそも当人がその動画を見返すかどうかすら定かではないですからね。
そしてわざわざコメント主を追う労力もバカバカしく思えるし。
そんなのばかりだと、(自分以外がそうなんだから)自分も無責任なコメント発信していいんだ」と、
web上で自分が発信した言葉の重さや責任感が薄れている様に見えますわ。

別に俺だってね、間違いのないネットリテラシーやネチケットを身に着けていたり、間違いを発信したことがないわけではないです。
が、なんらかの形で誤りがあった時には対応が出来るように心がけていはいます。
ただ今の、年齢関係なく若い―ネットに触れてい年月が浅い―ネットユーザー達は、そういった覚悟が足りないように思えて仕方ないっす。

ROMってろっていうかもう回線切って首吊って氏ねって言われたくないヤツは、
いっぺん自分がネットで発言する覚悟を備えているどうかを見直してこいや!
「誰でも気軽に」出来るようになったって事は、
誰彼構わず無自覚に周りまでを傷つけれる環境を手に入れてるのと同じ事だと!気付け!

と、言っても、俺が気にするような連中はもし他者からこういった忠告があっても無自覚なんだろうなぁ…。
嗚呼、その無自覚さが今はむしろ羨ましい!w

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/930-436e4bb3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。