09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

感想『ふ~ふ 1巻』『魔法先生ネギま! 37巻』 


今週の『マギ(サンデー)』を読んだ時の俺
おおおおおおおおお!!?!?
 今週の展開やべええええええええ!!!
 アリババくん人の上に立てる資質現れ過ぎ!かっけええええ!
 白龍くんモッさんとどうなっちゃうのー!?(´;ω;`)


今週の『ネギま!(マガジン)』読んでた時の俺
え?あれ?これで?終わり?
 あー…。ああ!
 はぁ……。


2つともコミックス買ってる作品なのに、読んでる時のテンションの差が酷すぎ。<挨拶





◯ふ~ふ 1巻
120224 ふ~ふ
源久也さん初単行本だったのか!?おめでとうございます!
おおお…マジで今まで知らんかった…。
10年近く前は藤枝雅さんと同じく源久也さんの作品が収録されているから、という理由で商業アンソロとか買ってたと記憶してるんだが、何故かネットで情報を追っかけることを一切せず過ごしてきてしまったからなぁ。
なんとなく薄い本も買わずにいたから、本当に源久也さんの作品に触れるの久々だわ…。
つか、はい、奥付に2011年9月15日第2刷発行とあるコミックを今更読んでて申し訳ない…。

数ページ読み始めたころは、昔の印象から氏の作品なのにケモノ属性が全く無いことに違和感をおぼえていたんだが、そこを通り過ぎたら…もう…俺がとろっとろでした…。
百合モノで、「お前らがいちゃラブしているのを見ると、見えてるこっちが恥ずかしくなるから、とっとと結婚しちまえよ!!!、祝福したくなる展開はよくある事だと思うのですが、まさか最初から『婦婦(ふ~ふ)』として結婚同棲しとるかね。
こちとら祝福したくなることで発散出来た筈のストレスなのに、最初から祝福する術を奪われてる上に甘ったるい百合々々生活見せつけられて、もうゴチソウサマデシタとしか言い用がねぇよコンチクショウ!!!!(大絶賛)

うわぁもう、俺超キメェ。
百合モノ読んで2828しっぱなしになるとか超キメェ。
元々『マリみて』にドハマリしていたのに、ここ数年は百合モノを堪能していなかったのもあって、その反動で一気に悶え苦しんで2828ゴロゴロバンバンしとる。
つか、百合モノ云々以前に日常系の作品をここまで楽しめたの久々な気がするトロぉ…。

しかしどのキャラの可愛けどすぅちゃんの可愛さヤバイね!
メガネってのもポイント高いけど、ムッツリなのが!特に!!





◯魔法先生ネギま! 37巻
120224 魔法先生ネギま!37巻
ふむ。
直前に消化したのが、日常のいちゃラブっぷりを堪能できる『ふ~ふ』で良かった…。
そうでなかったら、前巻までとはうってかわって麻帆良の日常としてネギ先生に恋する生徒たちを見て2828と楽しむことなんか出来なかっただろう。
そもそも生徒たちから慕われるあの天然ジゴロ朴念仁ラッキースケベなネギ坊主は嫌いなのに、それでもこの巻を楽しめたのは、直前で俺の思考がとろっとろに溶けきってたからだな。

俺が前巻を読んで気になってたのは、“これからの展望”ではなく、“ここまでの詳細”なのに、結果それらは全く明かされず、最終ページに最終巻予告ですよ。
37巻発売から約一ヶ月が経過し、今更読んだ事は僥倖だったのか。
この組み合わせで読んでなかったらブチギレてたかもしれないw





>ついに『魔法先生ネギま!』が最終回・・・この終わり方はどうだろうか?

基本的にコミックス派なんで本誌のは全然おっかけてなかった俺なんですが、最終回を迎える2週前からチラチラと本誌のも眺め始めました。
んで
「どーせ伏線全部回収しねえんだろ?
 んで『ネギま!』終わったら、新たに別のキャラを主人公に据え作品を出して『ネギま!』の伏線を回収するような新章を開めるんだろ?w」

と、良くも悪くも続編が出ることを考えていたんだけど、今週のヤツを読んだら
「なんかもうどうでもいいや。」
としか思えなかった_(:3 」∠)_


当然、コミックス派ならまだ知らない、発売されてないコミックスに収録されてあるであろう伏線回収エピソードもあるんだろうけど、↑の記事のコメ欄見る限り、俺の知りた事は結局明かされてないっぽいしねぇ。

兎も角、尻切れトンボというか、竜頭蛇尾というか。
(伏線や世界観を)散らかすだけ散らかされて、片付けていってもらえてなかった
という印象を受けた。

そして、原作者が魅せたかった事と読者が見たかった事が食い違っていた作品だとも思った。
もしかしたら、赤松センセは自身の技術や世界観の構築を魅せたかったんじゃないかしら?
それをやり終えたら、〆に入ったんじゃないかしら?
んでも、読者の大半(というかそれを注がれるのにふさわしい器として育ってないから、作者が伝えたかったこの作品の良さを理解しきれなかったんじゃないかしら?
と、へりくだってみるw
悪く言い換えると、最近のジブリ映画の『作画スゴイでショ自慢オナニー作品』と一緒なんだけどw

しかし『ハッピー☆マテリアル』の売上以外は、TVAにしろ映画にしろコケまくった印象があるのに、それでもその企画があったのは原作の支持層があった故だと思うんだが、その原作も最後の最後までこんな大暴投な「好きな人だけ二次創作で自由に楽しんでね」みたいな展開では、支持できたものも支持できなくなるっすよ…。

『シャーマンキング』よろしく、『完全版』みたいな形で補填したりするのかしら?
それでも「なんかもうどうでもいいや。」





>ネットにそのレビューをあげるとか一体どれだけのMPが必要なのか想像もつきませんねMAJIDE

はい、この読み方メチャメチャ疲れます(∵)
んで、「疲れるから新刊読み始めたくない。」という負のスパイラルを産んでます←

しかも意識して疲れる読み方してるんじゃないくて、これが自然体というか、『ONE PIECE』は伏線とその回収がしっかりしている作品だと思うので、こうやってじっくり読まないと堪能出来た気にならんのですよ。

それにこの読み方にも向き不向きが強いですしね。
日常系4コマみたいな、ストーリーのあってないようなモノ相手だと、自分が何を楽しんだのかその感想を具体的に書くこと叶わず凹みますし。
『ネギま!』みたいな、設定や固有の用語が膨大過ぎて自分のキャパシティに収まりきらない相手でも、自分が何を把握しているのかいないのかを捉えられず、感想を具体的に述べれませんし。

そもそも俺のはレビューではないですw
単に、吐き出したい思いをぶつけるだけの感想かどうかも怪しい記事でしか無いですw
現に自分が伝えたい事を2割も綴れている気がしないですわw
語彙が貧弱すぎるのもあって、頭の中を真っさらにした後下書きや投稿した記事を自分で読み返して「コイツ(俺)は何を綴りたかったんだ…?」とばかり思いますもんw

 

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/877-19957f42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ネギま!関連サイト巡回(2012/03/15)

■「多分、恐らく、十中八九(FC2)」さん「感想『ふ~ふ 1巻』『魔法先生ネギま! 37巻』」 多分、恐らく、十中八九(FC2)  感想『ふ~ふ 1巻』『魔法先生ネギま! 37巻』 『そして、原作者が魅せたかった...

ネギま!部屋(楊さんのページ別館)【2012/03/15 20:35】

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。