07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

【感想】賭博堕天録カイジ 和也編 7巻 

 
デジカメを使う時に一番気をつけているのは、フラッシュの反射光で自分が写り込まない事。<挨拶
きっとデジカメ構えてる時の俺とか、醜悪な顔がより醜く歪んだ笑い顔になってるんだろうぜ…。


○賭博堕天録カイジ 和也編 7巻
111106 カイジ和也編7巻
「ぬるま湯の日常ならいざしらず、
 命が懸かったら、マジ、死にますってなったら、
 悪意は強い!!
 だって我が身を守るために
 必要な絶対的・普遍的・恒久的前提は、人には「悪意あり」だ!
 それは自分の心をちょっとでも覗けば誰でも分かる自明の理。
 世界から、軍隊が、核兵器が、
 なくならないはずだ!


ちょっと難しい単語使いたいが為に文法ガン無視する。まるで『意味はよく分からなくとも、今日初めて知った言葉を使ってみせて自分の語彙をひけらかしてるだけの子供』みたいな台詞ですが、しかしそこは兵藤会長の息子・兵藤和也。
例えメチャクチャな文章でも、発言を許してしまったせいでその場に悪意が伝染する。
その歪みすぎている強引な暴論に飲まれて反論を許してくれない、悪魔の妄言。
ゲーム参加者達を悪意の流れに飲ませない為に起こしたカイジのファインプレーの様な乱入だったが、カイジのこのルール違反が、和也にもゲーム参加者達を悪意の流れに誘導する口実を与えてしまった。と言う事か。
まぁそのお陰でまたほんのちょっっっとだけ和也編を面白く感じれたけどw

ていうか、
今までゲーム参加者たちは直ぐ側に居る筈のカイジたちのやり取りが視界にすら入っていない様子だったから、俺は参加者とカイジ達の間に“設置されていることすら分からないマジックミラーが張られている”と思い込むようにしてたのだけど、今回カイジが乱入する時に“間に何も無いのが当然の様に飛び込んでいった”って事は、やっぱり俺が思い込もうとしていたマジックミラーなんて最初っからなかったんだよね?
なのになんでゲーム参加者達は、カイジ達のやり取りが視界に入っている様子すらなかったの?
カイジは和也の妄言に耐え切れず、かなり大きく身体を動かすリアクション取りまくってたけど、それらが一切視界に入っている様子なかったよね?
幾ら死と隣り合わせのゲームしている最中とは言え、周りの音が一切入らない爆音がヘルメット内で流れているとは言え、直ぐ傍にいたカイジ達の様子を気にした様子が全くなかったのは、明らかに変じゃね?w

6巻ぶりに見せ場があった主人公のせいで、作品の展開も設定もボロボロなんだがw
しかもその『見せ場』も、『主人公らしい見せ場』でなく、『登場人物なら誰でもやれた』レベルの仕事なんだがw
ぶっちゃけ今回のカイジの仕事の内容は、アニメ二期の最終話でカイジに金を貸したその1話限りのモブ黒服以下っすよw



あとこのコミックスにこんなチラシ入ってたんだけどよ?w
カイジ読んでてMobageやってるヤツってなんなの?w
111110 カイジ7巻
カイジ読んでれば“金をドブに捨てること”がどういうことか、嫌でも分かりそうなもんだけどwww
なのにカイジ読んでMobageなんてやろうと思うの?wwwそもそもそんな連中居るの?www


いや仮に居るにしても、
和也アバターなんてもらって嬉しいの?ww

この巻の内容よりも、
『カイジ』のコミックスにMobageのチラシが入ってた事実の方が遥かに面白かったんですがwwww



 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/754-538d6a09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。