07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: カラオケ  * janre: 音楽

* category: カラオケ

普段とは違う意味で疲れすぎたオフのレポ 

 

日曜日に
『アニソン、ボカロ、東方、サンホラ、ゲーム曲以外の一般曲縛り』というカラオケオフに行って来ました。<挨拶2
今回の感想はおおまかにざっくりと3項目に分けて。
それと昨日までのコメレスは明日以降にさせてもらいますわ。





【1】窮屈なオフだった。
今回のオフコンセプトについて、コミュの誰かが「四肢をもがれたようなもの」とツィートしてたが、なるほどこれは想像以上に「四肢をもがれた」状況だった。
四肢をもがれて“痛い”んじゃない、“身動きがとれない”んですわ。

うん、『“ボカロ・東方・サンホラ禁止”のオフ』を開催するんだったら理解できるw
この3ジャンルは、そのジャンルに興味のない方からしたら特に嫌われる傾向にあるジャンルですからね。

例えば、
ボカロ(原曲知らないけど、)機械の歌う歌を人間が歌えてるワケないじゃん」
東方「なんで(一個の曲の)アレンジを何種も唄うんだろう?
サンホラ「一曲長ぇ…全然順番回ってこない…
等々、歌ってる当人に布教する気があるにしろないにしろ、元からそのジャンルに興味のない人が聞かされ続ければ悪い印象しか植えつけれらないでしょうさ。
それを回避する狙いがある『“ボカロ・東方・サンホラ禁止”のオフ』なら余裕で納得できる。

ちなみに内のコミュの常連は“ボカロ・東方・サンホラ”のどれかしら一つ以上をメインジャンルにしている人間が大半ですが、その3ジャンルを禁止されたことろで持ち歌が無くなるような人間は居ないでしょうさw
このコミュはアニゲー曲やJ-POPなどをそれなりに唄える人が集まって、そんでオフ会に参加して、その後で「“ボカロ・東方・サンホラ”も行ける」という本性を表してきてくれた人ばかりですからね。
元々のコミュの表向きのジャンル曲を唄えばいいだけだから、“ボカロ・東方・サンホラ”を禁止されたところで、然程窮屈ではないw

だがアニゲー曲まで禁止されては話は別だ。
有名なアニゲー曲は年齢やその人の趣味関係なく全員で盛り上がれる手段なのに、そこを封じられると本当にその人の個人の趣味の世界だけで勝負せざるを得なくなる。

例えば、一般曲縛り中で唄った俺の選曲だが↓
・桜島 / SEX MACHINEGUNS
・SPELL MAGIC / Acid Black Cherry
・Supernova / 9mm Parabellum Bullet
・トラヴェルマシン《本人映像》 / Hilcrhyme
・LOVE & JOY / 木村由姫
・アルクアラウンド / サカナクション
・SHIVER《本人映像》 / the GazettE
・レモン《LIVEカラオケ》 / 石鹸屋
・GOLDFINGER'99 / 郷ひろみ
・ガンダーラ / ゴダイゴ
・promise / 広瀬香美

終盤かなり強引にネタに走ってしまったが、それまでの流れで俺にノレというのは相当無理があると思うw

それにヒトカラ行く時にそれなりに唄ってるんで慣れてるはずなのに、すげー疲れたのよ。
原因は恐らく
 周りが分かるジャンルを歌えてないから場が盛り上がれない。
 →盛り上がってないのを唄ってる当人が理解して勢いだけでもつけようと声を出す。
  →でも結局周りがその曲がわからないから盛り上がり様がない。

という負の連鎖で、唄ってる当人一人だけで頑張り(空回り)すぎたから変に疲れたんだと思う。
俺も思いっきり疲れの表情を出してしまってたし、参加者の時計さんも明らかに普段とは違う疲れの色が見て取れた。

ハッキリ言ってこの時の部屋の状況を表現するなら、全員がそれぞれのヒトカラに付き合わされてる感じ。
「聞き手も楽しませれないカラオケならオフの形にして集まる必要なんて全く無く、
 一人でヒトカラ行ってればいいんじゃないかしら?
 一人でのヒトカラなら思い切った練習も出来るし効率がいいわ。」

と縛りの最中は結構本気で思ってた。
 
別に毎回毎回周りも盛り上げる必要なんてないけど、それなりに回りに合わせた後でしれっと自分の趣味だけの曲を混ぜる冒険をして、「この人はこういったジャンルの曲も唄えるんだ」他の参加者に興味を持たせるのがオフ会の醍醐味なんじゃないかしら。
そういう意味では縛りが解除された後の、『ゆりゆららららゆるゆり大事件』を裏声で唄う時計さんというのは相当新鮮で面白かったw
まぁ、先月やったオフでのアロエさん同様、時計さんウンコと格闘してしまったけどね(・∀・)





【2】さいさりすさん無双
結構その日の調子が喉にモロに出てしまうさいさりすさんなんだが、今回のさいさりすさんは調子がいいとかそんな次元じゃなくて完全に別人だった。
進化後のポケモン見たく、種族値から大幅に変わってやがった。

おかしい…。
このコミュの中でもかなり歌声にパワーのあるゆっきーさんが死にそうな声になって唄ってた『きみのキレイに気づいておくれ』を、今回のさいさりすさんは苦もなく歌っている様に見える。
というか、この歌を唄う時のゆっきーさんは特有の高音を出す時の癖(手段?)がハッキリと聞き取れる違和感が見て取れたのに、さいさりすさんがそのような手段を用いているような様子が何処にもみれない…。
激しい曲だけでなく、『心拍数#0822』のようなシットリした曲は本当に安定して、癖のない息の抜きかたをしてくれている。
調子のいい時ののびのような安定感だ。
以前彼が『心拍数#0822』が唄えてなかったのも含めて、本当に驚くほどの成長っぷりだ。

歌い方の安定っぷりだけえでなく声量も思いっきり上昇している。
以前の歌声にどことなく自信がなさそうな感が見れられた彼の声はもう何処にも居ない、自信をたっぷり含んだ声量で聞く側を圧倒していた。
普段の声のボリューム小さいのに、マイクを持つだけで声量が何倍にもなってしまうものなのか…。

というか、全体的にもの凄くリラックスして歌えている様に見えた。
かなりのボリュームを出してるのに何処にも力んでいる様子がみられず、むしろ脱力している様子すら見えた。
元々唄い方に癖のない彼故に、今回のそのリラックスっぷりが、彼の歌唱力が化けたように感じた理由を探りきれなかった原因かもしれない。
カラオケでは他人の歌い方をかなり凝視観察させてもらってた身なんだが、にしてもこの日の彼ほどの声量を、この日の彼くらいリラックスしながら出せてる人間見たことねぇw

一般曲縛りの時に俺と時計さんが苦戦している中、元曲は分からずともその歌唱力だけ十分惹きつけれたさいさりすさんなんだが、選曲センスも秀逸過ぎてぶっちゃけ卑怯
一曲目から『壊れかけのRadio/徳永英明』だったり、他にも『女々しくて《本人映像》/ゴールデンボンバー』『プロジェクトA/JACKIE CHAN』『ふしぎなくすり LONG VER./上野圭市 feat. SATOE』とか唄うさいさりすさんとか俺知らないwww
なんで『女々しくて』「PV見て」覚えようと思ったんだよww
唄うの勧められて俺もPVから入ろうとしたんだけど、あんな死んだ目をしながら踊る連中面白すぎて歌が頭に入ってこねぇから無理だったんだよw
あとサンボマスターを選曲するのはそれだけでも卑怯じゃないか!w
しかもちゃんと唄ってのけるとか、ネタでもガチでも大勝利じゃないか!!w
俺はサンボマスターなんか「ネタではありかもしれんけど、結局歌えてないからまだ無理。と判断して諦めたのにw


いやは、今回のさいさりすさんを例えるなら『ハンドル持つと性格変わる運転手』ですね。
マイク持つだけで人間ここまで自信にあふれるもんかよw





【3】主催の彼について
やたらと気にされてたコミュ員が多いので、1クッション置く形で彼について述べさせて貰いますね。


 
 

ふつーの人だった。
ヒトカラに当り前の様に行けるコミュ常連とは明らかに違う、ふつーの人だった。

音外しまくってたり、譜割り滅茶苦茶だったり、腹から声出してなかったりとか、
そんなのは別にいいんですわ。
そんなのは(カラオケで)唄うという事を意識してから、自己嫌悪と練習を繰り返して克服すればいいんすわ。

ただ
①.自分が好きなアーティストの曲だから自分も歌えてると思ってる
②.力量に不釣合い過ぎるな選曲をする。
③.メロディからズレて、音より先に歌詞を発声してしまっている。
④.①~③の自分の歌い方がズレている事に、自分で気付けていない。

等々、普段からカラオケに行かない人特有のカラオケの癖が全部当てはまってましたよ…。
カラオケに対する意識そのものが違うんだなー。

ホントもう2年前の俺見てるみたいでぞわぞわしたよ!w

※①
 彼が入れまくってたONE OK ROCKを知らんかったので、適当に彼らの曲探して聞いたけど
 
 歌えたら気持ちいいだろうし、発音綺麗でカッコいいし、
 でも練習せずにカラオケで唄える人間そうそう居るもんじゃねぇだろw

※②
 『ぼくらの16bit戦争』は当然のこと、『Fire◎Flower』だって相当量の歌唱力持ってなきゃ唄えるレベルの曲ではないと思いますw
 『ゴールデンタイムラバー』だって自分で妥協できるところまで辿り着くのに相当苦労したよ俺w

※③
 カラオケに入ってる曲はモノによっては原曲よりも僅かながらテンポが遅いものがあるらしいです。
 その違いを自覚せず、“自分の頭の中にある音”ではなく“カラオケでの音”に合わせて歌えないと、結果周りからはズレてでしか聞こえない。

※④
 カラオケなんて歌っている当人が楽しければそれで良いのは確かなんですが、ただ歌ってる当人が常に間違って歌を唄っていると、周りがそれに合わせることが出来ず盛り上げることも出来ません。
 複数人でカラオケに来て、みんなが知ってる曲なのに、(ギャラリーの力で)盛り上げれるハズなのに盛り上げれない」というのは、
 ギャラリーとしても消化不良感が強くありますわ。



なんていうか、住んでる世界が違いすぎて、アドバイスのしよう思いつかなかったですorz
てかアニゲー曲縛っておいて、案の定当人が一番最初にアニメクリップPVで流すんだ…。
周りはどこまでをアニゲー曲として縛ってるか分からないから、アニメクリップ入ってる曲でもあえて流さないverで選曲してたのに…。
先に挙げたように自分をカラオケに対する認識の違いを感じてたから、下手を打たないようにどうツッコもうかかなり悩んだよ…。

つか別にアニゲー曲まで縛る必要本当になかったよね。
「カラオケ久々なんで盛り上がり過ぎちゃう(アニゲー)曲始まると体力持ちそうにないんです」って言ってた当人がONE OK ROCKで相当無理してるし。

なら、アニゲー曲まで縛らずに「カラオケ久々なんで激しいのとか控えてもらえると助かります」と掲示板に書いてもらえれば、こちらも変に窮屈な思いをすることなかったし。
どの道あのメンツじゃ激しいJAMなどのアニゲー曲入れても、絶対に持たないから選曲なんてすることなかったし。
実は後から彼の友人が合流する予定だったらしいんだが、その友人のことを『一般人』と例えた辺り、その友人に配慮して俗に一般人に嫌われる傾向の強い“ボカロ・東方・サンホラ禁止”だけならこちらも十分に対応出来たし。
てかラスト2時間彼ボカロ曲入れまくってたし。

いや、恐らくアニゲー曲まで封じたのは、彼がこのコミュに顔出してたときはJAM曲で盛り上がる印象が強かった時代だろうから、それを警戒して目的でアニゲーというジャンルそのものを封じたのかもしれない…。JAMは本当に疲れるからな…

大尉ヤミー。さんという(ヤミー。さんが今何処にいるかは別にして)このコミュの中でもかなりのサンホラーの二人をサンホラ他アニゲー曲禁止のオフに来て欲しいという言葉があった辺りも含めて、
「コミュ員のことを読み違え過ぎてるなー」って気はするw 

ほんと…不器用な人だわ…。
その不器用さも含めて、「カラオケコミュ入った時の俺みたい…」っとぞわぞわした。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

にごうさんのブログ読んでると、自分も歌声とか欠点とか分析されてるんだろうなあソワァ…ってなります。お、お手柔らかに!

アニゲーもダメってなると一般的なアーティストでもダメな曲かなり増えますね。
ONE OK ROCKは初期しか知らないけど、最近やたらと色々なところで名前を見るなあ。歌えるようになったら気持ちいいと思いますー

URL | ちゃと #l//lmRz6 【2011/10/04 00:19】 *編集*

僕も本当は行きたかったのですが、翌日初バイトもあって様子見してたのです。。 なるほどその様な感じなったのですね。。
アニゲー系はちょっと縛りすぎちゃった感がありますね。まあ最後ははじけてたみたいなのでよかったです(´ω‘)
あとボカロ系を今レパートリー増やしてるので、サンホラ縛りよりも「ボカロ縛り」がキツいかなぁと思っておりました。
でもこれはこれでちょっと新鮮だったのかもしれませんなぁ。ちとツイッターで毒づきすぎていた自分も反省せねばですかね。。

URL | 大尉 #- 【2011/10/04 00:51】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/718-45ab6fe9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。