07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

【夏期アニメ感想 その2】ポケットモンスターベストウイッシュ あと最近の小学生の話 


まったく、小学生は残酷だぜ!!<挨拶

今日スーパーで子供向けTV誌を立ち読みしてた兄とその弟の会話の内容↓
(推定 兄:小学3年 弟:小学1年)

兄が読んでる雑誌を覗き込む弟。
弟「なにこれー?」
兄「ライダーフォーゼ…」
弟「これがー?
  ライダーなの…?」

兄「…」
弟「…」
兄「…」
「かっこわるっ!」
兄を置いて何処かに去っていく弟。


もうね、吹き出したわwwww
子供の純粋さ残酷過ぎるwwww
てか分かるんだなww
いくら小さい子供でもフォーゼがかっこ悪いと思えるんだなwww

特撮好きの友人曰く
「フォーゼはこれ以上ないくらいダサいデザイン。
 あんな座薬みたいなデザインを世に出せるスタッフを褒めるしかない!w」

絶賛してたけどそこ効果確実に出てるわw

世代を問わずしてフォーゼのダサさを理解出来るって、すげぇよw





夏期分の『ポケットモンスター ベストウイッシュ』感想。

個人的には春期よりもさらに良くなったと思う。
特にサブウェイのロケット団との対立での為に、一ヶ月近くもニャースをサトシたちのパーティに潜伏させるという発想は、(表向きの)視聴者層を考えたらかなり思い切った仕掛けかと。
ニャースがサトシたちのパーティに入るというあまりにも胡散臭い事態に
「これ…どう考えても裏切るだろ…」
と思わずには居られなかったが、しかし思った以上にニャースが裏切る様子を見せてくれてないから正直先が読めなかった。
せいぜいニャースが加入した回と、裏切った回くらいか。露骨な裏切りフラグを見せるのは。
視聴者層を考えたら、もっともっと毎回露骨に裏切りフラグを見せしまうくらいがレベルを下げるのが当然だと思ったんだが。
そういった意味も含めて、この意外な発想は個人的に高評価。
まぁ、サトシのパーティに居た時に割りとマジでニャース何度か死にかけてるし、
そのせいもあってか裏切った後のニャースの表情は凄いかっこ良かったよw

そしてもう一人の役者はやはりデントかw
前期ではDDのシンクシュタゲの鳳凰院凶真を押しのけて真の宮野真守っぷりを魅せてくれたが、今期はそのシンクもおらず、鳳凰院凶真はシリアスモードなので別にデントはギャグキャラとして活きなくてもいい筈なのに、他のアホな宮野真守が居なくなった分だけぶっ壊れっぷりは全てこのデントに集約させてしまったかのようなぶっ壊れっぷりだったw
というか、サブウエイマスターからジムリーダーとしてではなくメトロソムリエとしての名で通っているデント何者過ぎるwww
また、ギャグキャラとしてでなくポケモントレーナーとしてもしっかり大活躍しまっているのが恐ろしい所。
一応サトシのライバルキャラであるところのシューティーをデントが倒したのは本当に予想外w
活躍の場がなくてサトシさん涙目www
シューティーざまぁwwwwwwwww

そもそも夏期の『ポケットモンスターベストウイッシュ』はマイナス要因が少ないように感じた。
具体的に言うと「サトシさんがポケモンを酷使している場面が見られなかった」
言い換えれば、そもそも今期はサトシさんの出番そのものが少なかったように思えるw

逆にサトシさんがメインになったここ2週の話は本当に酷かったからねえ…。
参考→『ポケモン ベストウイッシュ』 カミツレ戦の脚本が糞すぎて大荒れ

ホント、ここ2週のサトシさんの出番のせいで若干マイナス評価付きましたわw


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

座薬というより、アメフトのボールに思えて蹴りたくなった

URL | 志摩子 #- 【2011/10/02 11:37】 *編集*

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/717-6b684361
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。