09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: 素日記

生存報告 

 
地震の時はヒトカラしておりました。<生存報告
最初照明がチカチカし、そこに目をやられて目眩がしたんだと錯覚したんですが、備え付けのハンガーが激しく、そして長く揺れてたので地震だと核心。
体感で震度4くらいだったので“自分は”大丈夫だとは思ったんですが、流石にあの長さは酔いますわ。頭痛ぇ…。
とりあえず酔いを覚ますため部屋の外に出て深呼吸。
同じように部屋の外に出てきたオバチャマたちと話して自分の平静も取り戻さす。
つか流石、50年前の新潟地震すら経験してそうなオバチャマたちである。
この程度の地震では対して怯えもせんか。

この地震の直後は電話が通じなかったらしいけど、それでもTwitterでは各々の安否が取れるとは。意外なときに頼りになる。
ま、その分、時間が経つに連れ憶測デマそれらの誤情報のRTが各々のTLを埋めてる現状を見ると、フォロワーが多い人ほど信用のできる相手の整理は事前にしておくべきなのよね。
それにソースが不確かな情報までRTしてたら飛び交う情報量が増えすぎて余計な混乱を招くからRTすべきではないかと。
当時者は善意のつもりでやってるんだろうから。あまり悪くは言えないけどね。
等々を踏まえると災害時にTwitterを利用する時、唯一信じていい情報はフォロワーさん個人の生存確認くらいなのよね。


また直接被災していない人がネットやマスメディアから色々な情報を得て、不安になる気持ちも分からなくはないけど、被災していない方々は、その自分の狼狽ぶりをいたずらにツィートするべきではないかと。
恐怖は感染する。もし、現地で被災を受けたフォロワーさんがその狼狽えたつぶやきを見て、根拠のない恐怖に感染させてしまうようなマネは絶対に避けるべき。
「どうしたらいいか分からない。」ではなく「なにか出来ることがあるか探してみる。」
「アイツと連絡取れない。どうしよう。」ではなく「今回線混んでるだろうから時間を置いてまた連絡取ってみよう。」等、
少しでも前向きに見せれる言葉使いに変えて発言してみるべきだと思う。

等々痛感。


帰宅して自分の部屋見回してみたけど、元から汚い上にフィギュアとか最初から倒れてたから全然被害なかった!
それも含めて生存報告終わり。





>まじカプ談義ばっかでスミマセンでしたあああ!orz

いーえーw
楽しいカプ論ありがとうございましたw
おかげで様で自分の見識も広がりましたぜw

 
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/513-2088ae9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。