07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: 映画

【ネタバレには】『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』そして『イツワリノウタヒメ』リバイバル上映を見てきた感想。【違いない】 


本日より新潟で公開された
『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』と、
『マクロスF イツワリノウタヒメ』リバイバル上映を観てきましたー。<挨拶

110219.jpg


思ったことそのまま感想にしてるので、大なり小なりネタバレがあると思います。
そういったのもおkな方のみ↓に表示されているであろう『続きを読む』をクリックしていただくか、当記事のタイトルをクリックして下さい。
そうすれば全文表示されるハズですのでー。


その前にコメレス。


>「なのは」に見えた私は既に何かが終わっているw

仮にその語尾に置き換えてみた。
「お前ってホットモットの弁当で唐揚げ弁当以外注文しないなのは。
「オスのサーナイトってふたなりなのは?
「季節ものの服とか去年買ったので十分なのはwww


うわぁ…痛さ激増w


>うわ・・・ホントだ、抱き枕と文字通り抱き合わせてレポしてたか。

気づいて…なかったのか。
逃げたかったんだろうね、トラウマから^^


>予想ではファフナー>>>マクロスFの女性率だと思うけど、そちらの地域にどれだけ腐な方がいらっしゃるかにも拠る罠。

男女比については感想に入れました。
ただ“腐ってる”と呼べるのは居なかったかとw
居たのはせいぜいライト層か、ただの女オタですわw
つか流石池袋だなwwwファフナーの女性割合おかしいだろwwww

しかし俺には一騎と総士でカップリング妄想出来るとか絶対理解出来ない/(^o^)\
二人の間にあるのは友情以上の愛情である事は否定しないが、しかし彼らの場合は“絆”と呼ぶべきものだろう?w




では感想は↓から

とりあえず一言、
俺は良いアニメ作品を劇場で観ると胃痛を起こす。

 

 


○『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』

素晴らしい絶望感を、ありがとう!

以前、『劇場版ガンダム00』を観たときは「『ファフナー』だったw」と軽く述べてしまいましたが、それはあくまで人類の敵側の共通点。
ELSにしろフェストゥムにしろ、他者と強制的に同化する無機物(?)になれると言う点。
そしてそれは異種族間の一方通行の対話であるという点ですね。

しかし面白さは別格。『ファフナー』の絶望感は『OO』には無いです。
そりゃ惑星単位の危機と、人類存続の危機では『00』の方が上ですわ。
ですが『00』の“登場人物の大半にとって覚悟も予期もしきれなかった絶望の存在”
『ファフナー』の“登場人物の大半にとって覚悟も予期もしていた絶望の存在”とでは、危機感の近さが違う。
最初から楽観視する余地など一切ないあの絶望感こそ、『ファフナー』作品の面白さだと思いますね。

希望と呼べる逆転の一手が発動する事で絶望を解決させる事態より、
逆転の一手が希望足りうるのかどうかも分からないのを、登場人物全員が長い長い間折られなかった心を紡ぐことで出来た心念あってこそ希望と呼べたものにまで昇華させた作品の方が、単純じゃなくて俺は好きw

TV視聴組としてその覚悟が出来ていた分、序盤の祭りのBGMの恐さったらなかったですねw
祭り=賑わい=楽しいってイメージを全く起こさねぇBGMだったよw
終盤も終盤で、今まで対峙してたフェストゥムの群れと分かり合えた直後に人類軍が核兵器をぶち込んできた時の絶望感ったらもうw
あの時は「人間に感情がある以上、世界平和なんてありえねぇんだな」と絶望したもんですが、よくよく考えて見ればフェストゥムどころか竜宮島も人類軍にとっては厄介な存在には代わりので、あのタイミングで核をぶち込むのは戦術的になんら間違いは無いんだよなw

ていうかこの数週間の『ちだまりスケッチ』絶望考察慣れしてなかったら、思考が追いつけなかったと思うw


このblogで今まで取り上げてきたアニメ映画の中では
神作(~95点)→ なのは1st≧イツワリ
絶賛(~90点)→ >ファフナー>ハトプリ
良作(~80点)→ >                
及第(~40点)→ >00
赤点(40点↓)→ >>アリエッティ

って位置かと。
※『00』評価に関する文句は受け付けるが、『アリエッティ』に関する文句は受け付けない。
 あんなのは只のジブリスタッフのオナニー作品。


『蒼穹のファフナー H&E』において、シナリオ・演出・作画などに文句なぞ全く無いです!
しかしこの作品の問題は「ある程度の知識がないとキャラもメカも区別が分かりづらい」事だと思います。

メカについて、『ファフナー』未視聴の方にガンダム知識で例えますと“シュラク隊員が搭乗してるのが全員別のミッションパックを装備したガンダムF90”みたいなもんなんですよ。
この例が分かりづらいならなんですよ。
ええ、ガンダムで例えたことによって余計わかり辛くなった感が否めません。
ともかく、動いてない姿を見るとどの機体が誰のなのか分かりづらいのですよ。(説明投げた)

キャラについては「スパロボKやってたら見慣れないガン種のキャラが出てきたけど、こんなヤツらガン種に居たっけ?」って言われてるのが実は『ファフナー』のキャラというくらい、見た目の個性も薄いのですよ。
実際俺も『スパロボK』始めたときは見分けつかなかったしw

だので今回鑑賞しているときは「性格」でキャラ判別してましたわw
パイロットの少年少女達はファフナーに乗ると性格が急変しますからね。その変わり様で誰なのかを判定。
それと声オタ特有のダメ絶対音感をフル活用してキャラを思い出してましたね。
「あー、この声に感情の抑揚のない娘がヒロインだったわー。
 ファフナーに乗ると冷徹になるし。思い出した思い出した。」
とか、
新井里美やっぱり普通の少女を演じると浮くなぁw
 白井黒子とか、オオカミさんのナレーションとかがハマり過ぎたんだなw」
とか、
「あ、シェリル(遠藤綾)が居るとか、
「豊口めぐみって、やっぱり低めの声のキャラやってるイメージが強いよな。
 真壁紅音(主人公の母親)しかり、レヴィ(ブラックラグーン)しかり、千冬姉(IS)しかり。
 クラン大尉(マクロスF)とか、今JOYSOUNDのCMで顔出ししてる地声の豊口とか聞くと“誰?”ってなっちゃうんだよなぁw
みたいなねw
映画観ながら並行してこんな事考えてないと、マジで誰が誰だか分かんなくなるんスよw
だから俺よりもファフナー知識が浅いか、声優知識の薄い人は中身理解するのをもっと苦労するかもしれませんw

ああそう言えば「名前は売れてるのに、ソイツが演じてたのをスタッフロール流れるまで気付かなかった」のが一人居ましたわ。
白石稔居たんスね()。

んでスタッフロールに流れるangelaの歌がカッコイイのなんのw
と同時に「やっとこの絶望感から解放された」と緊張の糸が切れたんでしょうね、俺の身体が胃酸過多になってる事を思い出しましたよw
Twitterの方には「全身の毛穴から胃酸が溢れるくらいの絶望感」と述べましたが流石に言い過ぎました。
あの時の俺の身体に起こってたのは“胃の壁が大量の胃液を分泌してるのが感じ取れた”その程度ですw
それはさておき緊張の糸が切れたのは確かだったと思います。
なんせスタッフロール流れ終えた後も数分間動けなかったからよw

観客についてはそれほど男女差無かったです。五分五分ってとこっスか。
意外に親子連れが居ましたねー。
最初「こんなアニメを年端もいかない子供に見せたらトラウマになるだろ…。」と心配したんですが、多分杞憂に終わりました。
あんな面倒くせぇ内容を子供が受け止めれるワケねぇわw
それこそムーディー勝山ばりに右から来たものを左に受け流してたと思うよ?
始まった瞬間からずっと、スタッフロールが終わっても黙ってたしw





○マクロスF ~イツワリノウタヒメ~ リバイバル上映
家でBDで2周してるので特段新しい感動は無いです。
そもそも観に行った理由は「家で2周もして泣いてるけど、劇場でもう一度見たらまだ泣くのか。」検証ですしねw

まぁ、結局、
『オベリスク』『ライオン』のイントロが流れた瞬間に大粒の涙が流れたんですが。
3周とも全く同じポイントで涙流すって事はもう完全にパブロフの犬状態だよw
ちなみに『オベリスク』で始まり三島杉田の「今だ、マクロスキャノンを!」白々しさで夢から覚めるところまで完全にデジャブw
そして感動から覚めた瞬間に、『ファフナー』観終えた時と全く同じ胃痛に襲われたワケですがw

あえて劇場で観た事での新たな感想や発見と言ったら、
「こんなサービスめったにしないんだからねっ」って言葉あんな何度も使ってたっけ?w”
何回も使うともの凄く安くなる感じがするんですけど(^^;
それと“フィルムノイズが目に痛い”ですかね。
これは最初にBDで観た俺がよろしくないのかもしれませんわ。

客層についてはこちらも男女五分五分。
ただしこちらには親子連れが居ない代わりにカップルが居ましたが。
別にマナーさえ守っててくれてるのであれば、リア充が爆ぜる系の呪いをする様な事はしないですよ俺。
ただ映画が終わった後「ミシェルってランカ狙いだよねー!w」とか言ってキャッキャしてた小娘ども、てめーらは駄目だ。
今までマクロスF観たことないのかどうかは知らんが、だとしてもミシェル機が撃墜された時のクランの悲しみ様が見えてなかったのかよ!!
つかお前らは「フォーメーション『MMジーナス』って単語が出てきた時に、思わずニヤけてしまう様な事すらなかったんだろうな!!w





まぁ、さておき。
今日は一日良い映画充をさせてもらいましたw


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/493-1c686f4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。