03« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

2つの『マギ』の、それぞれ白龍涙目な展開と、赤松氏に対するこの拒否反応はどうしたものか。 


今週の『マギ』の感想と、
マガジンに載ってた赤松健氏の新作についてちょいとモヤモヤしたものを語りたかったので。<挨拶



◯マギ
来ると思ってた。→ユナン&モッさん
それまでの展開で遠く離れた煌帝国の金属器使い達が馳せ参じれるのも見せてもらえていたし、またアラジンやシェヘラザードやもう一人にのマギが介入しきている現場なんだし、こっちの世界のマギであるユナンも介入してくる事も最早不思議ではないと思えたしね。
それに先々週から玉艶が「アルマトランという単語を、わざわざ「」付きで口にしていたくれていたお陰と、最後に出番があった頃のモッさんが直前にトランの民」を気にかけていたこともあり、ユナンと接点があるモッさんも一緒に介入してくる流れも違和感が無い。
否、展開が予想通り過ぎて違和感無くて感動もないw
全部ココらへん全部が導線として用意していたんだと思うがw

ただ、
それまで幾度と無くアリババくんがモッさんに抱きかかえられてた事が伏線だったとは思わなかった…。
さすがにコレは予想外すぎるw
これはもうアリモル大勝利…!
アリモル大勝利過ぎて、紅炎の呼びかけに応えなかった白龍の事を考えると、
出番もない不憫さと相まって笑いがこみ上げてくる…w


◯赤松健の新作
『ネギま!』と違って序盤からラブコメしていない代わりにバトル漫画してるから、少年成長記として非常に面白そうには見える。

ただ、『ネギま!』であんだけ引っ張っておいてハッキリとは明言しなかった大事な結末の一つを、今作であっさりと明かされていた事に対する苛立ち
それと読み終えても結局拭えなかった
「どうせ『ネギま!』と同じで結局全部有耶無耶にされるんだろ?」という不安
この2つのせいで素直に「面白かった」と言えない_(:3 」∠)_

というより、『ネギま!』終盤の展開を有耶無耶にされていた事は、『ネギま!』原作だけで満足したい読者を無視してでも、二次創作/同人誌作りの用の農場を原作者自ら広げて耕していた様にも見えたので
(その結果『ネギま』の二次創作が流行ったのかどうかは知らん)
今作が原作者自ら描いた『ネギま!』の同人誌が商業誌に載っている風に見えて仕方ない。そんなモヤモヤ感。

それに例えね、この新作で明かされた『ネギま!』の真実の一つ矛盾する展開がこの先あってもね、
『ネギま!』自体が一本の展開から原作とアニメで別のエンディングを歩んでしまったんだから、
その逆に別々のパラレルなエンディングから一本のシナリオに収束するような事があっても、
なんら不思議じゃない
と思うワケですよ_(:3 」∠)_

そう思える程に『ネギま!』の作品設定と展開が広大だったから、
有耶無耶にした後でどんな展開を見せられても
「とあるエンディングから派生したストーリーの一つであって、決してトゥルーエンドからの続編ではない
と感じて仕方ないのですよ_(:3 」∠)_


今作が『ネギま!』と関係があると匂わせてる程度ならこんな拒否反応示さなかったですよ。
でもガッチガチに『ネギま!』との関係を見せられてるんですもの。
そりゃ『ネギま!』の終盤を読んで「読者をバカにしてる?」感じた人間が今作読んだら、こんなリアクションになるわ_(:3 」∠)_






(『ネギま!』の例えでアニメの話をしたけど、『マギ』にはアニメ化なんてなかったから…。なかったから…!)
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/1224-0161daf6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「UQ HOLDER!」感想リンク巡回、同人マークについてなど(2013/08/29)

※5:30~ ただ今、ここを随時更新中 ------------------------------------------------------ ■「多分、恐らく、十中八九(FC2)」さん「2つの『マギ』の、それぞれ白龍涙目な展開と、赤松氏に対する...

ネギま!部屋(楊さんのページ別館)【2013/08/29 05:48】

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。