11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

企画 「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?20」を開催! 今回も多くの方の参加をお待ちしております まおゆう 魔王勇者、たまこまーけっと、マギ、琴浦さん等 


ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 ☆重要なお知らせ 企画 「今期終了アニメ(3月終了作品)の評価をしてみないかい?20」を開催! 今回も多くの方の参加をお待ちしております まおゆう 魔王勇者、たまこまーけっと、マギ、琴浦さん等




というわけで、久方ぶりにアニメ感想まとめ。<挨拶

対象作品で自分で見ていたものは以下のモノ。
しろくまカフェ
バトルスピリッツ ソードアイズ
聖闘士星矢Ω
スマイルプリキュア

バクマン。
リトルバスターズ!
JOJOの奇妙な冒険
銀魂
マギ

あいまいみー
キューティクル探偵因幡
THE UNLIMITED 兵部京介
まおゆう魔王勇者
たまこまーけっと
ぷちます!
ポケットモンスターBW シーズン2 エピソードN
閃乱カグラ


数が多いので何回かに分けて更新するよ!





4クール跨ぎ作品


◎しろくまカフェ
ストーリー:2
キャラクター性:
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:


ストーリーなんて有って無いようなモノ!
Aパートでクズだったキャラが、Bパートで凄く常識人になってたりとか当たり前だしな!
典型的クズニートのパンダくんや、周りを振り回したいしろくまさんや、素の天然ボケをぶちかます笹子さんの中で、一人常識人ぶって淡々とツッコミ入れているペンギンさんが一番のクズだったりしたしな!!
女性相手にいい加減で、自分の落語が面白いと勘違いしていて、自分のことを鑑みない正論をかざしたりしていて、面倒くさいキャラの多いこの作品の中でも飛び抜けてて、知り合いになりたいと思える要素がねぇ!!

人間と人間みたいな生活している動物が一緒にいる空間はそれだけで十分面白いけれど、そのせいで全体的にキャラクターもぶっ飛んでいるアニメだった。
キャラクターがぶっ飛んでいる分だけ、役者の演技が光るというか、これまで聞いてきたその役者の『人間の演じる時の演技』の枠から外れた演技を数多く聞けた貴重な作品だったかと。

一人の声オタとして、かなり貴重な演技を聞けたと感動しているけど、例を挙げるとすれば先ずペンギンさんを演じた神谷浩史か。
ペンギンさんの素の声もこれまで聞いてきた神谷浩史の演技を逸脱してるけど、終盤の『ゾウガメさんの声真似をするペンギンさん』『ラマさんの声真似をするペンギンさんの演技をしている神谷浩史』は、それぞれ『ゾウガメさんの演技をしている近藤孝行』『ラマさんの演技をしている小野大輔』の特徴を表現してくれていると思う。
まぁ、あのパペットは滑っていたけどな!!!

他にはオオカミさんを演じた杉田智和
誠実なキャラを演じる杉田は本当に良い味出してくれてると思う。

パンダママ演じる森川智之も、森川智之だと知らなければ信じることが出来ない演技をしてくれてた。

このアニメが1年間(4クール)やっているせいで、同時期にやっていた他の1クール作品・2クール作品で聞けた演技やインパクトが霞んでしまっていたと言っても過言では無いと思う。
先の1年間、娯楽としてのアニメの先頭集団に常に居た作品だと評価するよ!!



◎聖闘士星矢Ω
ストーリー:2
キャラクター性:3
画:3
演出:2
音楽:3
総合的な評価:2


アリアが光牙とエデンをたぶらかした悪女にしか見えず、正直死んだとも思えず、どっかで生き返るもんだと思ってた。前半戦はそんぐらいチープな最期だったw
ララァの描き方を間違えるとあんな風になるのだろうなぁ…_(:3 」∠)_

後半は黄金聖闘士の大半が、真実を見ようとせず、相手を見下し、態度だけがデカいヤツばかりな気がしたのでそれはそれで萎えてた。
マルス様が死んでからようやく面白くなってきたように感じたけど、最期はやっぱり微妙な終わり方だったw

最後まで見れたのは、俺がそこまで聖闘士星矢好きじゃないからな希ガスw



◎バトルスピリッツ ソードアイズ
ストーリー:3
キャラクター性:
画:3
演出:3
音楽:3
総合的な評価:3

春からタイトル変わったから一旦記載対象に。

キャラクターが魅力的過ぎる。
ショタコンホイホイロリコンホイホイ人妻ホイホイ声オタホイホイ

ハクアきゅんヤバい。
メガネっ子のリアリストで尻のラインもエロくて女装姿似合いすぎてcv釘宮理恵とかこれだけで大当たり過ぎるのに
130705 ハクア・エストック
鎧纏った姿がνガンダムでした。ありがとうございました。初めて見た時笑い転げました。

そして1話から居る白夜王ヤイバかっこよすぎる。
130705 白夜王ヤイバ
セリフが完全にマスターテリオン。日曜朝の星矢Ω→バトスピの流れはグリリバタイム。
っていうか、光牙よりもかなり活き活きとした演技を聞けてる気がする。いつも以上にグリリバ。

ついでにボンバーの存在感ヤバい。
130705 暗黒戦士ボンバー
出てきても数話に数秒。なのだが、
この見た目のインパクト口調色物なのに小山力也、キザクラの過去回で「バトスピやろうぜ~♪」という謎の歌を放った小山力也を思い返して、出てくるたびに吹く。
ってか画像持ってくるときに初めて知ったけど『暗黒戦士』という肩書きに草不可避

日曜の朝から国のあり方とか面倒臭い話をアニメで見せられるのはちょいしんどかったが、故に話のスケールもイメージ出来るようになってきた。

カードバトルは完全にオマケ。



◎スマイルプリキュア
ストーリー:4
キャラクター性:
画:
演出:
音楽:
総合的な評価:4


数字の上では満点に近いんだが、実際は惜しさを感じた作品。

プリキュアらしい熱い戦闘を魅せてくれたし、OP/ED共にいい曲
キャラクターの魅力については言うまでもない。
プリキュアだけでなく悪の幹部や、プリキュアの家族や他の妖精に至るまでキャラデザも良いし、それぞれに個性が光る。
序盤から型破りな話の展開を幾つも見せてくれてたし、後半はみゆき以外の4人それぞれのストーリーもしっかり消化してくれてるお陰で更にキャラクターの魅力が増し、何度か泣いてしまったりしてる。

が、主人公であるみゆきの話だけが妙に尻切れトンボな感じ。
映画とTVでみゆきの過去に食い違いが生じている様に見える。
『絵本の中はみんなチグハグ』というか『みゆきの頭の中がチグハグ』な感じ。
アレでは本当にみゆきちゃんが頭がハッピーでキマっちゃってるみたいじゃないか…。いや間違ってないのかもしれないけどw

んで終盤、みゆきちゃん以外の話を終えてからの展開も妙に締まらない。
ラストとかもう『DX3』じゃないですか…。

とまぁ、みゆきちゃん以外の話を終えるまで=年開ける前まではかなり絶賛できる展開の連続だった分、年明けてからの展開でもの凄い失速感を見せられた感じ
鳩は(一応、衰も)年明けてからの展開は盛り上がりを見せてただけに、これまでとは逆の失速感を見せられた珍しいプリキュアだと思う。


全体を通したレベルで言えば間違い無くスマイル>ハートキャッチなのだけれど、個人的な思い入れの面では惜しくもハートキャッチ超え出来なかったプリキュアでしたわ。
それでも
ハートキャッチ≧スマイル>>>>ドドリア>>|(許されるまでに苦労したライン)|>スイート
くらい、外との差があるレベルで評価の高い作品なのだけれどねw






2クール跨ぎ作品

◎バクマン。第3期

ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:
音楽:4
総合的な評価:4


「原作と比べると展開早すぎぃ!」と思わないでもなかったけど、
「原作に足りなかった最後」「続きが気になる各話の〆かた」それに「役者の熱演」が備わり、
漫画とアニメそれぞれでお互いに(足り)ない部分で魅せくれた作品でしたわ。

EDで使われた『夢スケッチ』もかなりイイ曲でございました…!



◎リトルバスターズ!
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:3
演出:4
音楽:4
総合的な評価:4


原作挫折組の自分でも十分楽しめる作品に仕上げてくれててなにより。
作画の乱れが気にある話が若干あったけれど、JCの中ではかなりまともな方だしそこまでのマイナス点にはならんっす。

この調子なら続きも安心して楽しめそうですわw



◎JOJOの奇妙な冒険
ストーリー:4
キャラクター性:
画:
演出:
音楽:
総合的な評価:


「好きな漫画がアニメ化されて不満垂れ流すと思ったのかいッ!しねーよッ!
原作の風味をかなり表現してくれてたし、その絵でアニメーションしてた動いてたし、役者の演技の熱さも加わって文句言う事ねぇ!!
おう、音石明に言われずとも万雷の拍手をおくるわこんなんw

個人的には、ツェペリさんの『波紋乱渦疾走(トルネーディオーバードライブ)をアニメで見れて感動。
アレ、原作だとどんな風に横回転して蹴りを放ってたのか読んでてイメージできなかったのよね…。

それとシーザーの最期でガチ泣きしてたよ俺。
原作何度も読み返してるけど、あのシーンで泣いた記憶なかったんだがなぁ。
真面目な演技する杉田良いわぁ…。



◎銀魂(3期+選り抜き)
ストーリー:4
キャラクター性:4
画:4
演出:4
音楽:
総合的な評価:4


ギャグのみの回ではない話では杉田のまともな演技を聞けるから、それでかなり心打たれたりしてる。
そもそも「ギャグしかしない杉田が好きじゃない」から、これまでの銀魂のアニメ見て来なかったのよね。

実際、選り抜きで一度も「クスり」と来なかったし…。
ギャグのみの回じゃなきゃギャグ入ってても全然笑えるんだけど。
『金魂'』では十分に笑ったり目頭熱くなったりしたし。

「銀魂ってギャクだけの回要らないよね?」
って感じてる俺って稀有なんだろうね…。



◎マギ
ストーリー:
キャラクター性:2
画:2
演出:2
音楽:3
総合的な評価:2


背景だけは褒めれたアニメ版マギの感想詳細については過去記事参照で↓
『モバマス』スペインツアーのまとめと、前期アニメ『マギ』への個人的感想まとめ。

思い返してみれば原作の消化ペースはマギもジョジョも大差ないのに、なにこの評価の違い…。


- - - - -

今回はここまで。
週末までに残りの1クール作品の感想を上げるつもり_(:3 」∠)_

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/1199-25bb2a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。