07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

感想『ナポレオン -覇道進撃- 4巻』 


「表紙のチビのオッサン誰だろ?」
と、チビだという事には気づいておいて何故かボナパルトだとは思わなかったw<挨拶

皇帝であるナポレオンに違和感を覚えたのも確かなんだろうが、しかしコレはこの巻で重要な「与えるもの」として描かれたナポレオンの姿なのんだろう。
しかし「与えられたもの」目線で描かれたこのナポレオンの表情は、すごく恐いw


◯ナポレオン -覇道進撃- 4巻
130404 ナポレオン 4巻
ラストの盛り上がりが半端無さすぎて「第二部完!」かと思った。

『獅子の時代』がこれからって所で〆られた感があったせいかなぁ、今回のラストはマジで熱い終わり方だったわ…。
なにせ『覇道進撃』に入ってからは、ナポレオンの戦争でも成長でもなく、政治と暗殺と謀略の話ばかりだったからなぁ。
そこにきて戦争の足音でテンション上がるとか、我ながらどうかしてるw

いやまぁ政治や暗殺の話も面白くないわけではないんだが、やっぱり歴史物が苦手な自分なのもあって、この手の騙し合いではうかつな感想を語れない感じがして窮屈に思えてたんだよw
「じゃあなんで歴史モノなマンガ読んでんだよ?」ってツッコミ飛んできそうだけど、そこはほら、「マンガとして面白いからw」としか言い様がないw
演出とか、改変というよりはリスペクトのネタばらしを楽しんでるだけなんだよw

実際に本当に、登場人物の名前含めて固有名詞の殆どは頭のなかに入ってない。
それなのに楽しんで読んでてなんか申し訳ないw





>惡の華 1話感想まとめ。うわああああああ/(^o^)\見た目が違いすぎるwww
>惡の華 押見修造と長濱博史の共犯対談「傷痕を残す作品ができた」

>>長濱
 オープニングの音楽から1話のストーリーの構成から、「なんじゃこりゃ」ってなるように作ってますから、恐らくたくさんの人をふるいにかけることになると思うんです。「気持ち悪いからもう見ない」「こういうの大嫌い」って人も出てくるでしょう。

>>押見
 「惡の華」を他人事ではないと感じてくれている人には、絶対面白いアニメだと保証します。一方で「仲村さんハァハァ」みたいな、キャラ萌えみたいな感じで読んで下さっていた方は、裏切られるんじゃないかな。
>>押見
 比喩表現としてですけど、僕は「惡の華」は読者を殺すつもりで描いてるんです。まあアニメも確実に殺しにかかってる気がしましたね。惨殺です、視聴者全員(笑)。


これはひどいwwwwwwwwww

アニメ化発表の時からなんか色々と盛り上がってたみたいだけど、原作読んでない弐號さんは観る予定なかったんすw
観る気無くてよかったと思ってるし、原作読む気も沸いてこない。
けど、既に十分過ぎるくらい俺の中に傷痕残されてるw
この時点でも、もう十分原作者&監督の狙いは成功したんじゃないかな?w

気にはなる。気にはなるが、絶対に見ないw
見たら絶対に余計なトラウマ抱え込みそうだしw内容以前に作画の意味でw


うん。萌えアニメ意識したキャラデザになるのを嫌う気持ちは分かる。
だからといってロトスコープまで使ってキャラの顔崩したら、それ結局原作の雰囲気台無しにしてる事と変わりないんじゃね?原作読んだこと無い俺が言うのもアレだけれど。

萌えキャラ化してないけど髪の色には違和感覚えた作品に『しおんの王』があるけど、あれも元々ブヒブヒ言うような作品でもなかったし、多少作画崩壊するのは原作もアニメも同じだったし。
それでいて原作の話もアニメの演出も味があって良かったから俺は好きだった。

『惡の華』が内容を重視してほしい作品であれば、
たとえ萌えアニメを嫌う意味でも作画を意識しすぎて作ってる時点で、なんかズレてるんじゃないかにゃあ。

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/1138-da3addde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。