07« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 映画感想  * janre: 映画

* category: 映画

感想『スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』 

 
映画 『スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』観てきましたー。<挨拶
121028 スマイルプリキュア

最初はね
『ハートキャッチ』の映画超えれるワケねぇだろうなw
 ムーンライト様の足技のカッコ良さ
 サラマンダー男爵の演じる藤原啓治の不器用な父親っぷり
 そして「コッペ様ああああああああああ!!!」と叫びたくなってしまうような熱さ
 そんな感動を覚えた『花の都でファッションショー…ですか!?』を超えれるワケねぇよw」

なんて、
ハトプリと比べる前提で観に行ってしまってたのもあるんですけどね、
うん、それと同じくらいに感動してしまったし、
それ以上にここ数年見たアニメ映画の中でも一番涙流してしまってたヨ。

『なのは MOVIE』とか『イツワリノウタヒメ』の時もかなり涙流してたんだけどね、それ以上に泣いてしまってた気がする。
後半に入ってからずーっと何十分間も涙流して鼻水すすりながらスマプリの映画観てたよ。

うん、こんなグズグズに感涙している三十代がシアター内に居てゴメンナサイ_(:3 」∠)_
『なのは MOVIE 1st』以来久しく覚えてない感情だけど、今回の映画を何回も観てしまったら俺の中で何かがパンクしてしまいそうよ。


いい話だからこそ感動してしまったってのもあるんだけどね、当然キャラクターもいい仕事してくれてるワケですよ。
中でも印象に強く残ったのが(ネタバレになるので1クッション)
キュアサニーかっこ良すぎんだろおおおおおおお!!!!!!!
キュアハッピーが挫けそうになったとき毎度毎度一番に引っ張ってくれてやがってえええええ!!!!


それと劇場版のサブキャラはどれもいい味だしてたけど、
中でも牛魔王イケメン過ぎるううううう!!!!!
TV序盤のウルフルンさん並にカッコイイぞおおおお!!!


林原めぐみも良い演技し過ぎだコンチクショウ…。
久しく聴かないタイプのめぐさんの声だったんでその演技の新鮮さもあったし、もう…演技の中身が切なすぎて切なすぎて胸がキュウキュウしてしまうわ…。

当然、その演技が活きてるのは作画も良いからだったんですわ。
細かい表情の変化やら、傷負った状態での必殺技バンクの変化してるし、OPは映画の設定を活かしつつTVのをセルフパロしてるし、バトルアクションシーンもメチャメチャ動くし奇抜だし。

兎にも角にも
「スタッフさんマジ感謝!!!!プリキュア好きならみんな観て!!」
っていう俺の気持ちをどこかに吐き出したくてしかたない作品でしたわ。

ええもう後半入って泣き始めてからスタッフロール終わるまで涙&鼻水流しっぱなしですよ俺は。
このスタッフロール流れたあと、このまま劇場内が明るくなったら涙でグジュグジュになったキモオタの顔が見られてしまう…と危惧してたんですが、最後の最後に子どもたちがプリキュア達と踊る為に設けられたEDノンテロップムービーが流れてくれたんですよ。(劇場内に子供はいませんでしたが)
このムービーの内に涙の腫れが引くと思ってたんですが、大スクリーンで観るノンテロップED観ながらまだ涙流すでやんの俺_(:3 」∠)_
もう涙がある程度収まるまで席から動けなかったよ俺_(:3 」∠)_


『NewStage』の時のような、ファンならニヤリと出来る演出というのがない分、
純粋にスマイルプリキュアだけを楽しめる良い映画だったかと。

ただこれまでのプリキュアを数作観てきた身としてどーしても過去作と比べてニヤリとしてしまいたいオタクの悪い癖発動してましたわw
終盤見せたウルトラキュアハッピー交えた新必殺技の最中、
「ハトプリだったらあの花びらで包んだあと、
 その上からハートキャッチオーケストラによる拳での叩き潰しをやるんだろうなぁw」

とか思ってしまったり。
同じ鳥類系デザインのラスボスなのに、ノイズ様()魔王様でなんでこうもカリスマ性というか悪意というかラスボス感に差が生まれてるんだろ。と感じてしまったり。
力が強大に思える演出の良さもあったろうが、他にも原因の一つが目的の純粋さなんだろうなぁ。
魔王様の悪意の理由は、ピエーロ様達のそれとも違う、
スマイルプリキュアを受け入れる事が出来ない敵の姿だし。

あと今回「絶対、許さない。」って言葉を放ったのはプリキュアたちを敵視してる重要人物だったしw

俺はどんだけTVの衰プリを受け入れれてねぇんだw



んで今回の映画の個人的満足度は
 100/100点
っすわw
ケチの付けようがないw
つか予想以上に良すぎて、先にも述べたけどこれ何度も見たら自分の中でパンクするw

神作(~95点)→ スマプリ≧なのはA's
絶賛(~90点)→ BLOOD-C
良作(~80点)→ おおかみこどもの雨と雪
及第(~40点)→ ポケモン≧某国のアキト>>>>>>タイバニ
赤点(40点↓)→ 


↑の中に先日観た『マクロスFB7』『まどマギ』をどの様に入れていいか分からん。
『マクロスFB7』は先日感想を述べた通り、自分の中での評価(自己満足)のしようがないし、
『まどマギ』に関してはTV版の時から考察しすぎて満足済ませてるから、映画を観てどう満足したかってのが少なすぎるんだよな…_(:3 」∠)_

まぁ入れるとしたら『マクロスFB7』は『タイバニ』の
『まどマギ』は『BLOOD-C』のって辺りじゃないかしら_(:3 」∠)_


そういえば俺のハッピーちゃんに関するコメントしてなかったね。
話が良すぎて、所謂「キャラ萌え」とかしないで堪能しまくってたから普段みたいな見方をする余裕が無かったですわw


 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/1041-c9e4e6b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。