11« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»12

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

【春アニメ】感想まとめ【今更かもしれないけど】 

 
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画、
「今期終了アニメ(6月終了作品)の評価をしてみないかい?17」を開催!用の記事になります。<挨拶

6月終了アニメとかもう数ヶ月も前の事なんで、結構当時の自分が何をどう感じていたかを思い出すのに苦労してしまい、結果締め切り日に投稿という形になってしまいました。
申し訳ねぇ…orz

では該当作品のうち、以下が自分の観ていたものの簡易感想っす。
点数の基準については上記リンクをご参照ねがいます。↓





◎Fate/Zero 2ndシーズン
ストーリー:5
キャラクター:5
作画:4
演出:5
音楽:4
総評:
合計:28


原作読者からしたら多少物足りないと感じる部分はあったけど、それでも十二分に原作の内容をアニメで魅せてくれてたかと。満足です。
原作読者故に、この不幸・不遇・不条理っぷりを喜劇として堪能させてもらいましたw





◎アクエリオンEVOL
ストーリー:4
キャラクター:4
作画:4
演出:4
音楽:5
総評:
合計:25

前作『創聖のアクエリオン』に比べたら話も綺麗にまとまってたし、作画もかなり高水準で安定してたかと。
それまで好きではなかった内山昂輝くんの演技力を見直せた作品でもあったんで、見て損は無かったっすw
そういえばゼシカの痴女服はアレで正しかったんだろうか?w





◎咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A
ストーリー:3
キャラクター:3
作画:4
演出:4
音楽:3
総評:
合計:21


1話冒頭
 →おおー!悠木碧ちゃん主人公か!こりゃ演技力期待!!
2話ラスト
 →「にわかは相手にならんよ!」意味不明すぎテラワロスwwwww
  かませ臭しかしねぇwww
3話~6話
 →悠木碧ちゃんの出番まだデスカ?_(:3 」∠)_
7話
 →七対子来た!!ようやく主人公らしい見せ場来た!!
  ここからも主人公らしい活躍見せまくりに違いない!!

   ↓↓↓

 そ ん な こ と な か っ た 。
 完全に他校のストーリーが展開されまくってた。

まぁ、すばら先輩が超カッコ良かったのと、宮永照が怖すぎたのは凄く良かったね。
んで千里山のトキィと竜華をそれぞれ演じてた小倉唯と石原夏織も良かったなぁ。
それまで小倉唯の事興味なかったけど、すげぇ良い演技してたと思う。
石原夏織の声はやっぱりカワイイ。

今挙げた新キャラのすばら先輩、宮永照、トキィ、竜華以外にも、
ワハハ部長の出番見れてすげぇ嬉しかったんだけどさ、
如何せん阿知賀女子の面々が地味すぎたのがあって人物評価は4に届かない3って事にしたw

※他の作品の感想は他記事で書いてたんで、これまで一切触れてなかった阿知賀編の感想だけ長くなってます。





◎LUPIN the Third ~峰不二子という女~
ストーリー:3
キャラクター:3
作画:3
演出:4
音楽:4
総評:
合計:19

それまでの金曜ロードショースペシャルでやっていたような軽い感じのルパン三世ではなく、アニメ版というよりは原作のモンキー・パンチ臭い重さに最初は惹かれたんだが、やはり原作に慣れ親しんで育ったわけではない自分からしたら、このアニメはどうやら重すぎたらしいw
キャストの変更については概ね好感触。





◎めだかボックス
ストーリー:2
キャラクター:4
作画:3
演出:3
音楽:2
総評:
合計:17

ぶっちゃけ『めだかボックス』が内容面で面白くなる前の話だし、その頃の話をアニメ化されてもそこまで期待してなかったんだが、思ったより良い出来だったかと。
善吉の声の人はすごく合ってたんだが、1クール分見てもめだかちゃんを演るあいなまさんには違和感しか残らなかったなぁ_(:3 」∠)_





◎あっちこっち
ストーリー:2
キャラクター:3
作画:3
演出:3
音楽:3
総評:
合計:16


作業中のBGM代わりに持って来いなアニメ。
キャラも悪くないし、話や演出が面白く無いわけではない。
だが、ただ見ているだけでは凄く物足りないw
このアニメを流しながら作業してても作業するてが止まることがなかったのがすげぇw

重ねて言うけど、キャラも悪くないし、話や演出が面白く無いわけではないw





◎這いよれ!ニャル子さん
ストーリー:2
キャラクター:3
作画:2
演出:3
音楽:3
総評:
合計:15

後半よりも最初の数話のが面白かったなぁ…。
序盤の掴みはかなり良かったんだけれど、途中からラブコメしてたり、ハス太くんは引くくらい淫乱ショタビッチにしか見えなかったり。
つーかさ、ハス太くんがどう見てもなんですけど。
ショタ好きの俺が見事なまでに反応しないって事は、ショタ要素相当薄くないですか彼?
ついでに母親演じてる久川綾にすら俺が反応しないとかも他所じゃありえんし…。

このアニメ、色々と行き過ぎなんだと思うw





対象作品以外の同時期放送されてたアニメの満足度を格付けするとだいたいこんな感じに。

S:Fate/Zero、スマイルプリキュア、しろくまカフェ
A:アクエリオン阿知賀、ヴァンガード
B:あっちこっちめだか不二子
C:聖闘士星矢Ω、ニャル子、トリコ、HUNTER X HUNTER

「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」さんの企画の点数の分け方ではアクエリオンと阿知賀編に結構な点差が開いてしまってるけど、個人的な満足度に関しては同ランクですわw

『しろくまカフェ』の満足度が高いのは、放送当初の小学館のイザコザのせいで楽しめなかったマイナス面もあるけど、それとは別に予想以上に作品が面白かったのがデカいっすw
先日『カードファイト!!ヴァンガード アジアサーキット編』の消化を始めた弐號さんですが、この一週間で最新話まで追いつきましたですよ。
やっぱ作業ゲー(Gジェネ)の合間にアニメ消化すると早ぇわww

そういえば春アニメ辺りから、アニメを観ていてイライラしたり、その作品を観ていたせいで毎日ずーっと不快感を思い出して溜まっていくような現象起きなかったなぁ。
あの春からは↑の満足度で言う、その前のクールではD以下に該当するようなアニメは見ずに切る様にしていたからかね。
まぁD以下なんて過去にもそうそう無くて、今でも思いつくのは『衰プリ』とか『AGE』 も う 二 作 くらいしかないんだけどねw(オブラートに包んだ表現)

それでも当時はそんなアニメを観てても、この不快感を裏切ってくれるような神展開を、縮めた分だけバネの反動で作品の評価が急上昇するような事になるのを願って観ていたのだけれど、結果その期待していたことそのものが俺の願望でしかなくて、終始自分には受け入れられない作品でしかなかった前例ばかりなんだよね。
それだから『自分が受け入れられない作品でも、最期に大どんでん返しがあるかもしれない』なんて期待するのを止めて、最初からある程度自分が楽しめるアニメだけを見るようにしたからイライラする事がなくなったんだと思うw

でもイライラが一切発生していないワケじゃないよ?w
具体的に言うと『しろくまカフェ』に出てくる畜生どものあまりのクズっぷりに「イラぁ…」と来ることはあるけど、それはあくまでキャラ単体に対してイラついたりするだけで、イラつくこともあるけれどそれ以上に面白いところが『しろくまカフェ』の脅威なのデスヨw
(※露骨な『しろくまカフェ』推し。)

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/1036-27c5a67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。