09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 映画感想  * janre: 映画

* category: 映画

感想『PIECE ~記憶の欠片~』 


先日の話ですが、
『PIECE ~記憶の欠片~』見てきました~。
<挨拶

120902 Piece

邦画なんて普段特撮くらいしか観ないアタクシなんで、この映画もスルーされてるハズだったんですが、偶然先週の『ごきげんよう』を点けた時の三浦涼介クンがあまりにも可愛すぎた(深い意味はありません)ので映画も気になって観に行って来ました。

見所と言ったら、やはり序盤は五重人格者である『零』を演じる三浦涼介くんの演技力でしょうか。
五重人格者の大人とか、それだけでキャラが破綻してそうな気しかしませんが、三浦涼介くんは見事に演じてくれていたとおもいます。

涼介くんの相方であり今作の主人公『千野智紀』を演じる渡部秀くんは、悪い意味でオーズの火野映司くんと被る主人公に思えました。
(最初は)自分のことしか見えていないというか、自分の一番側にいる人間の事が見えてないというか、そのせいでちょっと人格壊れかけて見えるというか。
まぁそれは彼のトラウマの余波の1つであり、話が進むごとに成長が見れるというか、
「少し人格壊れてるようにみえてたのも当然だな…。ってうか、終盤のアレは…。
と、どんどん彼に同情/感情移入していけますわ。

序盤こそ零の珍奇な言葉遣いに振り回される千野智紀ですが、話が進むにつれて信頼しあえるパートナーとなっていく様は、映司とアンクの絡みに少し似ていて何処か決定的に違う。
オーズからこの二人を知った自分としてはその辺りの違いを味わいながら楽しんで見ておりました。

そういえば秀くんの演技なのですが、りょうくんと絡む時は細かい演技まで妙に光るのに対し、
(例えば、序盤は零の人格が変わる都度怪訝な顔をしたりする。
秀くん一人の時だと若干演技が冴えないように感じました。
(例えば、モノローグの棒っぷり

にしても二人の主人公の掛け合いは、OOO時代の公式の重病っぷりを知ってしまった側としては、そういったファンサービスも結構散りばめられてくれていた様に見えてしまったなぁw
零の(中の一人が放った)挑発にカチンと来た智紀が彼に迫った時の唇の距離が超近かったり。
零の(中の一人による)カウンセリングとか、後ろから抱きついちゃってるし。
・対して、終盤で二人の殴り合いをさせたのは、OOO終盤を彷彿させる為の純粋なファンサービスかとw

三┌(┌ ^o^)┐ホモォ 三┌(┌ ^o^)┐ホモォ

ストーリーの方は一手間違えたらラノベになってしまいそうなサスペンスしておりましたわ。
自分はかなり面白いと感じましたが、「他の方に勧められるか」と聞かれたら別の話w
おそらく、『仮面ライダーOOO』という超常な物語を見ていた客が多いことを見込んでの、少し不思議なストーリー設定だったのかもしれません。
いやは、序盤から展開が面白くて『真実』を見つけ出す為にあれこれ考えながら見てたらお腹へってきて、それなのに後半になってどんどん新たな『事実』が見えてくるもんだから考えすぎて胃が痛ぇw
それらが全部一本の線でつながった時は空腹感満足感でお腹がいっぱいになってしまいましたわw
この空いた腹を満たすために、見終わった後は何かガッツリ食いに行きたかったけど、劇場を出た途端身体が夏バテを思い出しやがって、何も食いに行く気になれなかったよ_(:3 」∠)_


今作の物語は一段落したのだけれど、2つばかり気になった事が。
遥の残したPIECEを、狩屋は何故3年間も回収しなかったのだろう?
 事件当時狩屋自身も重傷を追ってしまったとは言え、以後刑事として現場に出れるくらいになっているのなら行動力に制限がされているワケでもないだろうし。
 人気の無い廃院故に、探しにも来やすかったろうに。

ラストに智紀の今カノさんが勝負服に白い服を着てきたのがスゴイ気になるw
 可愛かったけど、白い服というのは智紀にとってトラウマを彷彿させるアイテムの1つだろうに。
 過去を乗り越えたとは言え、そこをわざわざ刺激するような行為には何か意図があるように思えて仕方ねぇ!w

この辺りに話を広げられそうな余白を感じるw

それとこの記事を書いてる時に気づいたけど智紀をカウンセリングしている最中にアヤさんが怯えだしたのは、アヤさん側の深層心理の方デ智紀の思い出せなかった過去と自分の思い出せなかったか過去の接点に感づいた拒絶反応だったのかもねぇ。
他にも色々と序盤から細かい伏線が散りばめられてあったんかもしれん。
もし2回目を観に行く方がいたなら、そういったものを探してみるのも面白いかも知れませんねぇ_(:3 」∠)_






さてと、他に観に行きたい映画に『アベンジャーズ』『プロメテウス』『トータル・リコール』があるのだけれど、
『アベンジャーズ』『プロメテウス』は吹替版は3D上映しかやってないので、3Dメガネを付けるのが嫌な自分は腰を上げにくいし。
『トータル・リコール』に至っては字幕版しかやってねぇという状況。
8月中にとっとと観に行けば良かったよ_(:3 」∠)_

 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://2goblog2.blog52.fc2.com/tb.php/1013-f61b95ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

go page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。