09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

* category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment -- | Trackback -- |  * 記事編集 *  go page top

* thread: 映画感想  * janre: 映画

* category: 映画

感想『スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』 

 
映画 『スマイルプリキュア! 絵本の中はみんなチグハグ!』観てきましたー。<挨拶
121028 スマイルプリキュア

最初はね
『ハートキャッチ』の映画超えれるワケねぇだろうなw
 ムーンライト様の足技のカッコ良さ
 サラマンダー男爵の演じる藤原啓治の不器用な父親っぷり
 そして「コッペ様ああああああああああ!!!」と叫びたくなってしまうような熱さ
 そんな感動を覚えた『花の都でファッションショー…ですか!?』を超えれるワケねぇよw」

なんて、
ハトプリと比べる前提で観に行ってしまってたのもあるんですけどね、
うん、それと同じくらいに感動してしまったし、
それ以上にここ数年見たアニメ映画の中でも一番涙流してしまってたヨ。

『なのは MOVIE』とか『イツワリノウタヒメ』の時もかなり涙流してたんだけどね、それ以上に泣いてしまってた気がする。
後半に入ってからずーっと何十分間も涙流して鼻水すすりながらスマプリの映画観てたよ。

うん、こんなグズグズに感涙している三十代がシアター内に居てゴメンナサイ_(:3 」∠)_
『なのは MOVIE 1st』以来久しく覚えてない感情だけど、今回の映画を何回も観てしまったら俺の中で何かがパンクしてしまいそうよ。


いい話だからこそ感動してしまったってのもあるんだけどね、当然キャラクターもいい仕事してくれてるワケですよ。
中でも印象に強く残ったのが(ネタバレになるので1クッション)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: 素日記

メッツコーラを初めて飲んでみるのにいい機会だと思ってさー(棒) 


ただいまー^^
121030 はじめてのモゲマス

なんか分かんないけど、夜中に急にメッツコーラを飲んでみたくなったので買ってきたよ^^

つか、似たような目的でローソン来る人ってそれなりに分かるんだね。
似たようなオーラ纏ってるもん^^

あー、選んだ理由は上条ちゃん以外は適当
実のところ、とときんの本名すら知らないけど、なんか新参ホイホイのオーラがしたからつい手にとってしまったヨ。(←ファンから嫌われやすいオタクの行動)

そしてオーラといえばマグネットシートになってもkwsmさんの眼力ハンパないよ…((´・ω・`))
選んでる最中、眼力に怯えてついビクッっとしてしまったよ((´・ω・`))


んで上条ちゃんのマグネットシートの為に買ってきただけで、
モバマスする気は相変わらす皆無なわけで←


 

* thread: オタク的日記  * janre: 日記

* category: アニメ・コミック・声優

感想『劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ シェリル キス・イン・ザ・ギャラクシー 4巻』 


昨晩のレイトショーで『まどマギ』の後編観て、
そんで帰ってきてから感想blog記事投稿して、明けた朝イチのプリキュア観に行こう。

なんてプランは達成できませんでしたよ俺みたいな輩では_(:3 」∠)_



◯娘々FIRE!! ~突撃プラネットエクスプロージョン/ヴァージンストーリー
◯劇場版マクロスF~イツワリノウタヒメ~ シェリル キス・イン・ザ・ギャラクシー 4巻

121026 シェリル キス・イン・ザ・ギャラクシー 4巻

前半のシェリルとランカだけのも綺麗なんだけどね、
『娘々FIRE!!』はやっぱ後半、FireBomberのメンツが混ざってきてからが本気すなぁw
後半になるにつれ自己主張が強くなるバサラというか福山芳樹に吹いたwww

んでCD買いに行くついでに見つけてしまった『キス・イン・ザ・ギャラクシー』の続巻も購入。
3巻で終わりじゃなかったのか∑
短篇集みたいなもんだったんで、そのタイトルごとに感想おば。


-空色トパーズ-
ロリシェリル可愛いよエロいイタズラしたいよ。
グレイスさんシェリルのお母さんすぎる。
と、シェリル&グレイスペアも好きな自分としては満足な導入部だったのですが、
小さい頃のアルトが全部インパクトを持っていった感。
なんだよあの黒髪長髪和服美少女wwwwww
その上で中身イケメン過ぎるwwwもう誰だよ?www

アルトが青年になる過程でどんだけ性格歪んだのかよく分かるわwwww


-エターナル エメラルド-
コミックスの1/3をこの話で使ってたんだし、中身的にもここがメインなんだろうと思うのだけれど、そんな事よりも「やっぱりこの作者は歌やアクションパート描くの慣れてないんだなぁ」と感じるのがデカい。
イラストや日常パートなら違和感ないんだけど、躍動感が必要なシーンだと止まってるように見えてしまう…。(少コミではよくあることなんだがw)
まぁ話の中身自体も俺好みではないんだけどね。
どーにも都合が良すぎる急展開と、 こ の 作 品 中 のバジュラクイーンの扱いを受け入れられないw
劇場作品『サヨナラノツバサ』のラストを観て、「アルト×バジュラクイーンって展開もアリかもな…」って思ってしまってただけ余計にw


-ゴールデンハニートラップ-
アルト「コンサートの衣装合わせか?なんか寒そうなのばっかりだな。
   風邪引かないうちに早く着替えろ。
   それと、この消し炭なんだ?

青年アルトさんの朴念仁っぷりがよく出てる台詞かとw
シェリルの手料理らしきものを見て消し炭とかwwwww
酷いwwwwあんまりすぎるwwwww

でもこの話のシェリルもシェリルで、あまりに恋愛処女すぎてカワイイと思う反面、
「こんなん俺の中の銀河の妖精じゃねぇ!!!」と嘆きたくなるわ。

つか改めて見比べると、シェリルさん下着姿の時よりもステージ衣装の方がエロい格好してますよね…。
目のやり場に困るというか。
でもでも!シェリルさん消し炭盛りつけるの上手ですよね!!(震え声)


-RING a Ding Dong♪-
恐らくアルト×シェリル好きのファンに向けた、少コミの王道的GOOD ENDなんだろうなぁ。


今更思い返すことではないけど、俺シェリル単体は好きだけど、アルトとの組み合わせに関しては特にこれといった思い入れがないんだよなぁ_(:3 」∠)_
先にも挙げたような、シェリル×グレイスとかアルト×バジュラクイーンとかは思いつくんだがw

一般的なカプ好きからしたらアルト×バジュラクイーンとかゲテモノ食い以外の何ものでもない風に見られてしまうのかもしれんけど、マクロス史で考えてみれば異種交配自体はそう珍しくないから、可能性としてなくはないと思うんだよ。

あれか?俺が「異種交配」とか言うから変に聞こえるのか?
「異星間恋愛」とでも言い換えてみればいいのか?w

…コミックスの感想から脱線しすぎてるなorz

 

* thread: 映画感想  * janre: 映画

* category: 映画

感想『劇場版 魔法少女まどか☆マギカ』 

 
とりあえず、頭にこびり付いてるダークな魔法少女要素な感想分はとっとと吐き出して、
早めにハッピーな魔法少女要素を堪能出来るよう、脳の中身を整理したかったのだよw
<挨拶


劇場版 魔法少女まどか☆マギカ
121026 まどか☆マギカ
『[前編] 始まりの物語』
『[後編] 永遠の物語』
観てきましたー。


観に行く前は
「きっと『新世紀エヴァンゲリオン DEATH & REBIRTH』を観終えた後の気分になるんだろうなぁw
 『Air/まごころを、君に』の方じゃなくてw」

って心構えでいたんだけど、うん、まぁ、当たらずといえども遠からずって感じw

公開直後、自分のTLやネット上で「綺麗な総集編な だ け だった」的なコメントを散見していたのもあって然程期待もしていなかったけど、それでもやっぱり面白いものは面白いですわw
ただ良い作品には違いないんだけれど、劇場まで足を運んだ割に新鮮さを覚えなかったというか、なんというか、何十回と観てる洋画やガンダム(UC系)の映画を観返している時と同じ安定感が自分の中に存在してしまってたんですよね。

そもそもこれ総集編じゃなくて(ネタバレになるので1クッション)
-- 続きを読む --

* thread: 映画感想  * janre: 映画

* category: 映画

感想 映画『マクロスFB7 オレノウタヲキケ!』 

「 な ん だ こ れ 。 」
121020 マクロスFB
先週末に『マクロスFB7 オレノウタヲキケ!』を観てきましたー。

はい、「なんだこれ。」って感想を観てる最中に何度も。
そして観終った後の感想も率直に「なんだこれ。」でしたし、周りからも席を立ちながら「なんだこれ。」の声がちらほら聞こえて来ていました。
弐號さんそれなりにアニメ映画観ているつもりですが、今までにない感想でした。
「良かった」とか「悪かった」とか
「内容が分かりがすくて面白かった!」「なんかよく分からないけど面白かった!」
「金返せ」「円盤出たら買おう!!」「製作サイドの自己満足が見て取れますね…」
とかそんな正の感情でもない負の感情でもない

「なんだこれ。」

って感想しか頭に浮かびませんでしたわ。


いやまぁ弐號さんスパロボやってたお陰でマクロス7のストーリー全体の流れだとかキャラ名だとかバルキリー他技術名称は知ってるんですが、肝心のアニメ本編を殆ど観たことないせいか作品そのものに対する愛情が無かったんだというのを今になって認識してしまったと言いますか。
声優に思い入れはあっても肝心のキャラに思い入れがないですし、メインテーマである歌についてもスパロボ内の戦術という意味で愛したことはあっても歌そのものに対して思い入れがないと言いますか。
バルキリーの映像に対して「カッコイイ!」と思えても、その場面に思い入れがないから感動出来てないといいますか。
なんというか、ほんと、
俺はマクロス7に対して「空っぽ」だったんだなぁと思い知らされましたわ_(:3 」∠)_

内容は(以下ネタバレなので1クッション)
-- 続きを読む --
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。